キレイな腕時計

高級時計のメンテ

修理工場で働く

なぜオーバーホールは必要か

高級腕時計は憧れますね、付けてるだけで良い気持ちになります。ステータスと実用性を兼ね備えた、腕時計の筆頭と言えば、何と言ってもロレックスです。定期的なオーバーホルを行っていけばロレックスなどの機械式時計は一生の宝物になります。オーバーホールと言うのは車で言えば、車検みたいなもので、定期的に行う事で、時計本来の性能を維持できます。機械ですので部品の消耗もありますし、オイルの劣化や乾燥もあります。パッキンなども劣化しますので、それらを新しくする事が必要になります。ではロレックスのオーバーホールはどこへ出せばいいのか、一般的には正規のカスタマーセンターか、時計修理専門店がありますが、防水技術などもあるので、正規のカスタマーセンターが無難でしょう。

故障してからでは遅い

ではいつ頃オーバーホールに、出せばいいのでしょう、5年位、3年位、進んだり遅れ始めたらと色々と人によって違いますが、修理職人さんに聞くと異常がなくても3年位でオーバーホールに出した方が良いみたいです。ロレックスと言えば、高級時計なのに壊れにくいと、評判の時計ですが、それでもパッキンやオイルは劣化して行きますので、3年位が良いそうです。強固な作りで、極めて防水性の高いロレックスですが、メンテナンスが必要ない訳ではありません。また定期的にオーバーホールをする事によって、結果修理費を安くする事になります。定期的なメンテナンスを怠った結果、通常のオーバーホールでは対応できない不具合も、起きかねません。大事に使えば一生身につける事ができます。

注目の記事